縦目ベンツのウィンドウ下トリムの装着

続き

今日は朝から出勤して、昨夜実施したマスターメンテの確認作業です。

そして毎年恒例このタイミングにカブる地域のお祭りです。

少子化の都合でお神輿はトラックの荷台です。。。

何かある

マスターメンテの確認作業も終わり、午後から保管場所へやって来ました。

ウッドベンチの机の上に何やら・・・

そーいやお義兄さんがアルファードのお掃除するとか言ってたなぁ~。。。

リアピラーウィンドウ下トリム

今日も引き続き縦目ベンツの作業です。

ストックしてた残りのトリムを持って来ました。

以前ヒマな時に磨いてたお蔭で、こうして淡々と取り付け作業が出来る訳です。こういう段取りしてた過去の自分を褒めてあげたいです。(笑)

右側装着

まずはトリムの嵌まる溝部分に、コインドライバーを挿し込みながら、シリコンスプレーを吹き付けておきます。

そしてリアドア後ろのピラーに付くエアベントのカバーを取り付けます。

そしてフロントの時同様、叩き込みながらドアシールのリップに嵌めて行きます。

トリムのアールが緩すぎて、気持ち曲げいて行く感じに叩き込んで行きます。

左側装着

左側も同様に、ドア後ろのピラーにエアベントのカバー装飾を取り付けます。

モノはアルミ製の鋳物で、こう見えてナカナカ立派なモノなんですよ。

そしてウィンドウ下トリムを取り付けて

最後に左右を繋ぐジョイント部分をスライドさせて完了です。

でもこうして見ると、真ん中付近は嵌まり具合が浅くて、ウィンドウシールのリップの乗りも少ないんですよね。。。

原因は簡単な事で、トリムを留めてる金具の多くが消失してるってトコなんですよね。。。

トリム金具の再生

という訳で、折角取り付けたトリムですが、一旦全て取り外します。

そしてリベットの腐った部分はリベットを打ち直し、

金具が消失したところは新たに金具をリベット留めしました。

コレ品番拾えなくて苦労して部品取ったんだけど、結局純正と同じものは入手出来無かったのよね。。。

嵌まった!

そして再度トリムを付け直し。今度こそ綺麗に嵌まりました。

ちとジョイント金具を変形させてしまったけど、今度はトリムが奥まで嵌ってリップの乗りも十分な感じになりました。

コレならとりあえず満足な出来です。

しかしアストロやBMWの分もあるけど、トリムやドア内装クリップがこんなに大量に(汗)もう多分使う事無いんでしょうね。。。

とりあえずそんなこんなで、前後ともウィンドウ周りのトリムの取り付けまで完了しました。残すはフロントドア周りの内装と助手席側のドアミラーですが、ドアミラー根元部分が凸凹なんで、デントリペアでも出来れば良いのですが、さすがに自分では出来ないのでどうしたもんか、、、もう気にせず取り付けちゃうかな!?

ブログランキング登録中です。ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 車ブログ 車いじりへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告