XPの写真撮影会と保管場所の採寸と中古レーシンググローブのメンテナンス

アシストグリップ

今日は朝から奥さまの具合が悪かったので、上の子を学校へ送るついてに部品商へ寄って、サンバーの部品を注文しておきました。

注文したのはコレ『アシストグリップ』です。

運転席側には元々付いてるのですが、助手席側に付いて無いので、車高の上がったサンバーの助手席に乗る際、掴むところが無かったもので、、、

アマゾン・プライム

昨日注文した縄跳びがAM便で届きました。いつものアマゾンの箱の中には『AliExpressで買い物したらこんな袋に入って届くよねぇ~』って感じの梱包が。。。

中身は注文した通りの縄跳びでした。多少抵抗は感じるものの一応ベアリングが入ってます。

持ち運び用の袋も付いてるし、締結を解くとクセ無くワイヤーが伸びたので、コシも重さありそうなんで如何にも跳び易そうな気がします。

撮影会

今日もお昼休みは保管場所です。

明日からまた天気が崩れるそうなので、XPがキレイな内にオークション出品用の写真撮影をばするとします。

屋根の掛かって無い陽の当たる場所に引っ張って来て、四方八方から撮影しておきました。

そしてまた元の位置に戻して保管しておきます。

この週末にでも出品出来れば・・・と考えてます。

アチコチ採寸

その後、バイクの保管とジェットの保管、クルマの保管と作業エリアの確保どどうすべきか?と漠然と考えてたのですが、ひとまず採寸するところから始めることにしました。

 

コンベックス引き出した時にやってしまった、、、というかストッパー効かずに根元の金具が飛び出して切れました。(痛)

とりあえず止血しながら略図を起こし、雨漏り箇所や動かせないチェンブロの箇所を加筆します。

 

使用部材の採寸もやって行きます。

 

そして加筆、、、上は枠単体で、下はパレットに枠を組んだ場合のカタチです。

バイクの保管スペースとしては最低限で幅160cm奥行き220cm程度必要で、パレット枠を十字に組んだのであれば1.5セット分ぐらいになります。余裕を持たせるのであれば、短辺方向に幅220cmの枠を3~4個並べて、長辺方向を単管で2.5~3m組むのが宜しいかと。

前者は上にもパレットが積めるので、スペースの有効利用って点では良いですし、高床式になるって点で魅力なのですが、後者はやはり余裕のスペースってのが魅力ですが、保管だけに限ればソコまでも必要無いんですよね。

生乾き

仕事が終わってから保管場所へ。昨日洗ったZCOOのレーシンググローブを乾かしてたの忘れてました。

ちょうど良い具合?に生乾きだったので、保革剤塗布するとします。

塗布しやすい様、微妙な感触のグローブに手を入れてやったのですが、

新たに崩壊箇所が、、、やっぱり全般的に革が劣化してしまってるのかな?(涙)

とりあえず左右表裏とも一通り塗り込んだので

 

スーパーハウス内に吊って引き続き乾燥させるとします。

さて、穴や破れの補修をどうしたもんか?プロに頼むとどれぐらいするんでしょう?材料買って来てチマチマ縫うってのもソレはソレで楽しそうでアリなんですが、ちとイロイロ調べてから考えてみるとしましょう。

ブログランキング登録中です。ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 車ブログ 車いじりへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメント

  1. Roberts より:

    皮洗い専用洗剤あったのだけどな~

    • ひらぽん より:

      コレでもまぁまぁキレイになったんで宜しかったかと。
      ソレより劣化した部分なのか?破れちゃったのが残念です。。。

  2. Roberts より:

    皮なので 皮の油脂を洗い落とさず 洗うって  ところが 大事なのです

    • ひらぽん より:

      そうですよね~。
      やっぱり革がパリパリになっちゃってました。
      さてコレからどうやって復活させようか、、、!?