サンバーにタコメーターを取り付ける(その2)

極寒・・・

今日もお昼休みは保管場所です。

寒波の再来で水道が凍結してたのですが、突然『プシュー』と嵌合部分から漏水が始まりました・・・また直しとかないと。

進まない

日々作業を進めてる積りなのですが、どうもサンバーの作業は捗りません。

体調不良も相まって、やる気も失せつつある今日この頃です。もう売っちまうかなぁ~。。。

車速パルス

アルパインのHPから印刷した配線図を元に、車速パルスの配線から探します。

カプラーがあるのはこのヒューズホルダー裏側の奥深くです。作業スペース確保の為、ヒューズホルダーは一度取り外す事をオススメします。

この左奥側にあるのが指定されてる32Pコネクターです。

24番(一番下段の左から3つ目)の緑/黒が指定なのですが、7番(1番上段の右から3つ目)が緑/黒なので、線色を優先してそちらをパルス取り出しとします。

間違ってたらゴメンなさいです。。。

回転信号

引き続きタコメーター用の回転信号の取り出しなのですが、いろいろ調べた結果『黄色い配線』との事なので、コチラのカプラーの

上段端っこの黄色い線から取り出しました。

コレマタ正解なのやら?不正解なのやら?タコメーター繋いでみないと何ともです。。。

原状復帰

ポンポン外したカプラーを忘れない内に繋いで、ヒューズホルダーも元通り装着しておきます。

とりあえずハンドル周り再装着する前にタコメーターは仮接続して作動確認しておくべきですね。というところで時間になったので片付けて撤収します。結局のところ進んでいるのやら?微妙な成果のまま本日も終了です。

残業

今日は仕事が早く終わったので、子供のお迎えまで作業しに保管場所へやって来ました。

まずはタコメーターの設置から。とりあえず接着はせずに置いてケーブルだけ取り回します。

ブレーキオイルのリザーバーがある部分のカバー外して配線を取り回します。メーターが簡単に外れればラクなんですが、、、

オーディオケーブルからACC電源とイルミ電源を分岐させ、タコメーターと接続します。

タコメーターの照明はOKです。ACC電源も一応テスターで確認しました。

そしてハンドル周りを組み立てて、エンジン始動!・・・したけどタコメーターが動きません。

む~ん、、、ACC電源もアースも大丈夫なところを見ると、回転信号拾うの失敗してるみたいです。分岐タップが悪いのやら?そもそも繋いだ場所が悪かったのやら?明日再度確認してみるとします。オシロスコープとかあれば確認出来るんでしょうが、繋いでみないと解らないってのは面倒なハナシです。。。

ブログランキング登録中です。ご協力よろしくお願いします!

にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 車ブログ 車いじりへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告