縦目ベンツのドアシールの押さえ金具の取り付けとウィンドウ下トリムの試着

また雨か・・・

今日もお昼休みは保管場所です。

モチベーションが高水準で続いてるので縦目ベンツの作業が続きます。

今日も前側ドアの作業なので前側だけカバー剥がしました。

この調子で内装が仕上がれば、エンジンはそう時間も掛からないので、年内には登録も可能なんですよね。おぼろげにですがプロジェクトの終わりが見えてきました。

留め金の取り付け

という訳で留め金が未装着の助手席側から始めます。

現状プラリベットで留めてるのですが、キッチリ嵌まらなくて一部グラグラしてる状態なんですよね。。。

そして留め金ですが、微妙な曲がりを修正してから装着します。

当然ながらひと筋縄で行く訳も無く、またまた指先を真っ黒にしながらの装着でした。

見え難いですが、一番上と一番下の部分はタッピングビスで留める様変更しました。コレでガッツリ留まってます。

入れ替え

そして昨日装着した運転席側ですが、コチラもプラリベットが微妙な嵌まり具合だったので、同じくタッピングビスと思ったのですが、穴を拡大し過ぎたのか?ビスが効きませんでした。

仕方が無いのでフランジナットとフランジボルトを持って来て

下側2箇所をボルト&ナット留めとしました。

その他の部分はプラリベットがバッチリ効いてるので、とりあえずそのまま行くとします。

完成♪

とりあえずコレにてドアシールの装着は完了。ま、見た目に変わりませんが、嵩張るストックパーツが減ったところに実感を感じます。

とはいえドアシールがきちんと嵌まったのに、扉を閉めた時の弾性は変わらず。特に助手席の扉は力一杯閉めないと半ドアになります。。。その内ヘタってこ慣れるのかな!?

試着

仕事が終わってから保管場所へ寄って、気になってたウィンドウ下トリムを合わせてみます。

ウィンドウシールに切り込みの様にリップが付いてて、その下に滑り込ませる形で装着するのですが、コレがナカナカ難しいのよ。。。

コレまたシリコンスプレーとプラスチックヘラを駆使して片側のみ嵌め込みました。嵌め込むのに苦労するだけに、簡単には外れそうに無い感じでガッチリ取り付きました。

このトリムは左右分割で前後ウィンドウの下に付いてるのですが、コレが付くと一気に出来上がり感が増します。正直ホコリの問題が無ければ、ボディーカバー外して保管したいぐらい、良い感じの仕上がりになって来ました。コレが装着出来れば完成間近!?

ブログランキング登録中です。ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 車ブログ 車いじりへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告