雨漏り修理

という訳で夜の部はアストロ君の雨漏り修理です。パッキンの不良が疑わしいのはほぼ確定なのですが、どういうパッキンが付いてるのか?当然ながら補修部品も無いので意を決してめくってみました。
P2018327.jpg
なるほど、U字の溝に嵌り込むカタチでパッキンがある訳ですね。んで接着が劣化してU字溝に水が溜まり、金具の開口部から溜まった水が滝のように落ちてくる・・・という寸法だったみだいてす。
P2018328.jpg
という訳でコーキングし直します。
P2018329.jpg
全周コーキング打ってから
P2018330.jpg
パッキン嵌めて押さえにガラスサンルーフ装着します。
P2018331.jpg
まだコーキングが余ってたので裏側接合部にも盛り増ししときました。毎度残って勿体無いもんね。
P2018332.jpg
んで修理の邪魔になるので外したバイザーの両面テープを
P2018334.jpg
剥がします。真贋は解らないですが3Mの両面テープ・・・強烈に張り付いてました。
P2018335.jpg
ボディー側に残った両面テープも
P2018338.jpg
扉側から届く範囲で剥がしておきました。真ん中の方はサンルーフ外した開口部からでないとアクセス出来ません。。。
P2018338.jpg
という訳で雨漏り修理に関してはコレで完治するでしょう。このまま迷宮入りするかと心配してましたが、原因と雨漏りのメカニズムが明確になってヨカッタです。
P2018339.jpg
あとは天井内装を戻してバイザー取り付ければ良いのですが、今回はサンルーフフレーム周囲に天井内装を保持する返しを取り付けようと考えています。コレがきちんと出来れば内装の見栄えも格段に良くなると思われます。天井落ちる事も無くなるし(笑)
結局のトコ今週一杯はプレオで代車生活かなぁ~。。。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告