革ツナギの補正出来上がりと保革剤の塗布

引き取り

今日は朝から子供を部活の試合会場に送り届けてから雨の中お出掛けです。

目的地はコチラ。南海部品藤井寺店併設のABROADさんです。GWを挟むので、仕上がりまで3~4週間掛かると伺ってたので『今月末ぐらいかな?』思ってたら、昨日出来上がった旨の連絡頂いたので、早々に引き取りに伺いました。

試着してみると正直『キツイ・・・(汗)』と思ったのですが、丸椅子に腰掛けると一気にラクに。バイクの乗車姿勢に合わせて縫製してるそうで、ホントにココまで違うもんだと驚愕しました。

最後に試着状態でゴッドハンド師匠に各部の着付けやカップの収まり具合を確認して頂き、支払いを済ませて岐路に就きます。

結局のところ各部全バラした上で、革を足すところ、切るところ、ケブラー入れるところなどなど、ほぼというかまんまオーダーメイドの状態でした。縫い目も基本的に元の縫い目を追う形で取って下さり、不要な穴も一見して見当たりませんでした。お手入れ方法も伺ったので、持ち帰ってからまた確認&お手入れするとします。

NOxPM対応

なにげに前を走るクルマを眺めてると違和感あったのですが、

そゆことね。。。

1KZは良いよねぇ~。1HZはもっと良いけど。。。(謎)

試合見学

午後から上の子のお迎えもあるので、少し早目に行って試合が見れたら・・・と下の子連れてやって来ました。

最後の試合に間に合いましたが、結局出番はありませんでした。今回も1勝も出来ず、またまた全敗でした。

外は豪雨・・・大雨洪水警報発令中みたいです。

その後プログラムに無い試合が急遽組まれて、その試合には出させて貰ってました。

昨年奈良大会へ行った時よりはマシな動きになってましたが、やはり行き当たりバッタリ感散見するものの、練習や試合を重ねて前回より勘は良くなったみたいです。

ちなみに、市下の中学生大会だと4校しか無い(女子バスケは1校のみ)ので、一緒にクラブチームの大会も開催される仕組みみたいで、完全分業制に近いシステマチックな試合展開をするクラブチームと中学生は比較になりませんでした。。。結局オマケの試合がたくさん組まれて、終了時間が予定の2時間遅れとなりました。

雨漏り調査

中間テストまで1週間という事で、遅くなりましたが子供を塾に送り届けてからの保管場所です。

さすがに大雨洪水警報が出てただけあって、アチコチ雨漏りしてビチャビチャです。。。

 

懸案のバイクを置いてる場所も、、、バイク置き場だけ小屋根でも作るかな?

VTRも鍵貰っとかなきゃ。。。

革ツナギの確認

濡れてたウッドベンチを拭いてマット敷きました。

この部分が身幅を広げる為に足された革です。こうして見るとやっぱりデブなのね。腰回りは辛うじて元の幅になってますが。。。

身幅を増やすと必然的に脇の部分も拡張されます。

その為に脇部分に入るケブラーが大きくなりました。多分ココは生地入れ替えたんでしょね。

また肘部分のカップが、本来であれば大き目の袋状になった部分に入ってるのですが、適正位置にほぼ固定してくださいました。

肩パッドもカップ状なので、着た時に『カポッ』と嵌まる感じの装着感になります。

太ももが太くて短いので、長さを詰めた上で太い部分に合わせて元のを生かすべく、膝位置を上に持って来てます。元のデザインもあるのでこの辺の補正はかなり苦労されたと思います。

こうした細かな補正の積み重ねというか、一部を直せば他の部分にも影響があり、影響範囲がドンドン広がり、結果的にオーダーに近い仕上がりになるという結末です。

気になるであろう補正費用は、南海部品製のツナギなので一割引きになり\60k(TAX別)でした。結果的にフルオーダーのツナギが吊るしの安物ツナギの値段で買えたという事になります。フルオーダー前提でイチから作って貰うと最低でも3倍ほどしますので、吊るしのツナギを補正前提で購入するってのも悪くない選択かと思います。

保革剤

ツナギの手入れについて聞いたところ、そもそも革ツナギの防御性能は革の硬度で持ってる訳で無いので、革が柔らかくなっても全然問題無いとの事。ただし、使うオイルによっては染み込まず表面や縫い目に残るので、きちんと浸透するかどうか?確認してから使った方が良いとの事です。

左側はABROADさんで使ってる専用のオイルを塗布した状態で、右側は未塗布の状態です。左側は艶は出てますが表面はサラっとしてるので、既にオイルが浸透してるのでしょう。

という訳で、革ジャンを柔らかくするべく購入したミズノのストロングオイルを塗布するとします。

腕周りから始めて行きます。

右半分が塗布後です。テカってますがベタ付く事は無いです。

背面から前面と進め、最後にまた全体を確認してシッカリ塗り込みました。

明日になればどの程度浸透したのか?確認出来る事でしょう。

吊る

革ツナギは吊っての保管が必須なので、スーパーハウスの骨組みに鉄板ビス打って、ハンガー掛ける場所作りました。

照明の下でベカベカにテカってますが、ベタ付く感じは一切ありません。

カッコエエ、、、(自画自賛)

という訳で、2時間近く掛かって作業したので、ソノママ子供を塾に迎えに行って帰るとします。この週末は何だかんだとバタバタしてて、あんまりお休みだった気がしませんでした。

ブログランキング登録中です。ご協力よろしくお願いします!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 車ブログ 車いじりへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告