パーキングブレーキ・ワイヤー

日中はいつもの公園へ。
P2007860.jpg
上の子は同級生が居たのでご機嫌で遊び回ってました。
P2007861.jpg
下の子は大きな子について行けず少々スネ気味。とはいえ真夏のうだる様な暑さで死にそうでした。。。
連休中は余り触る気が無かったのですが、余り放置するのも何なので200の下に潜ることにします。
P2007863.jpg
パーキングブレーキ・ワイヤーを一度抜く必要があるのですが、果たしてどうやって抜けばいいのやら?と思案します。
P2007864.jpg
結局一番ワイヤーを緩めた状態でテコの支点に当たる部分の引っ掛けを外せば簡単にホルダーごと外れました。
んで足踏みレバー側は一度車体から外してワイヤーのタイコ部分を外します。フェンダー側にナットが2個あって、コイツがフットレバーのフレームを固定しています。
P2007867.jpg
抜けたワイヤーと新しく取ってたワイヤーを比較します。
P2007868.jpg
ま、同じものですな。当たり前だけど何せ40年以上前のクルマの部品ですから。。。古い方は折れたところが腐って被覆が剥がれてました。
P2007869.jpg
んで先日抜いたワイヤー通り道の凹部ですが、穴に合わせて赤いマジックで型取りをしました。
P2007870.jpg
ミミを残して板金ハサミで余分な部分を切り取り何箇所か穴を開けてボディーにドリルビスで固定して合わせてみました。
P2007871.jpg
結構イケてそうなので、クイックメンダー&ビスにて接着固定します。我ながら大胆だ(笑)
P2007872.jpg
当然車内側にはビスが飛び出しますが、後々切り飛ばしますのでご安心ください。
P2007873.jpg
コレで一番の懸案部分は見通しが立ちました。後は内外からFRPで固めてしまえばOKでしょう。思いのほかサクサク進んで我ながら嬉しい様な心配な様な。。。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告